電話でのお問い合わせは0339080122

〒1150053 東京都北区赤羽台3−12−11

小学生のグループレッスンを行いました2012.02.19HEADLINE

 

希望者対象のグループレッスン

 いつものグループレッスンは、ピアノが中心。
 ソルフェージュであっても、楽典であっても、どこかピアノが上手に弾けるようになるために・・・という
 バックグラウンドがあります。

 でも音楽は別にピアノだけじゃない。
 その生徒さんが将来大きくなって、ドラムをたたく子もいるかもしれないし、トランペット吹いてるかもしれない。

 そんな視点で、自由にレッスンしたいと思い、レッスンとは別に、希望者を募ってのグループレッスンを行いました

必要物品

 自由にできるレッスンにはたたき台がありません。
 でも、受けた後、子供たちが今日のレッスンを振り返るためには、やはり形あるものが必要・・・  
 ってことで、昨日の幼児さんのレッスンの後、夜中までかかって大急ぎで資料作り・・・汗
 
         
      楽器と作曲者のプリント4枚    心強いパートナーCVP505
    

いろいろな楽器

 どこかで見たことある・・おねえちゃんがこの楽器やってる・・・。
 私が想像した以上に、楽器の知識がある生徒さんがいて、私の知らない生徒さんのもう一つの側面を気づけたことは
 今日の大きな収穫でした。
 実際に、CVPから音を鳴らして、その楽器にまつわるエピソードなども加えながら説明していたら
 あらあら、一時間半で作曲家までやりたいのに、もうこんな時間・・・。

        

CVPの画面を紹介

   CVPを購入した当初は、まさか こんな使い方ができるなんて想像もしてませんでした。
   おかげで、当初の目的の多重録音やら、リズムの打ち込みには、まだ全然 手を付けてません・・苦笑

         
     インターネットTOP画面     楽器図鑑を開くと・・・     トランペットの画像も
                                      有名な曲も聴けます
 

この音、どの楽器かわかる?

          

   まずは、その楽器がメロディーを担当している、俗にいう有名どころの曲を聴いて、楽器を当てます。
   当たったかどうか、実際にパネルを見て確認。
   さあ、当たった人は 手を挙げてみて〜
    

作曲家の名前、どれだけ知ってるかな?

          

   この人かつら? こっちの人はなんだかサンタクロースみたい・・・。
   知っておきたい作曲家・・・というタイトルがなかったら、きっと誰かのおじいちゃんと
   間違えちゃうかもしれませんね〜

     バッハは子だくさんでね〜
     モーツァルトは8歳でお仕事をやってお金をもらってたんだよ〜
     ベートーヴェンは算数が苦手だったの・・
     ショパンはかわいそうな人なんだよ〜

   子供たちがなにかしらに興味を持ち、ここを糸口として、伝記を読みたくなってくれればいいな・・・
   と思ってます。

無事レッスン終了!

   今日は、Hちゃんは残念ながら、まだ高熱でネットでの参加もできませんでしたが
   教室に来てくれた6名の生徒さんと、レッスンの様子をSkypeを使って
   ご自宅で見学なさるお母様が一人・・・の7人でレッスンしました。

   こうやって、レッスンでなにをやっているか、情報が共有できれば、
   ご家庭での会話も弾みますね〜
   今日の感想も ぜひ お聞かせくださいませ(*^_^*)

   Skypeを使うと、たとえばレッスンしている生徒さんの様子を 自宅で小さいお子様の
   面倒を見ながら共有することだってできちゃいますね〜。
   ほんと すごい世の中になりました。
   使い方、目的をはっきりさせれば これからもどんどんレッスンに活用できそうです。

          

    みんなお休みの日に、朝早起きしてよく頑張りました〜 花丸です!!!!

                                この様子はこちらにも載せてます。