電話でのお問い合わせは0339080122

〒1150053 東京都北区赤羽台3−12−11

幼児のグループレッスンを行いました 2012.02.18HEADLINE

 

幼稚園、保育園の生徒さん対象に『ピアノを弾くために大切なこと』というテーマでレッスンを行いました。

  テキスト 黒河好子のPianoサプリ♪

          黒河好子先生のHPはこちら


 最近うちの教室には、幼稚園、保育園のかわいい生徒さんが増えてきてうれしい限り。
 ただ、まだ日本語も十分に通じない(?)いわゆる宇宙人を相手に、『さあ、ピアノを弾きましょう♪』なんて
 なかなか難しいです。
 ムリに弾かせようとすると、手の形はつぶれ、指はグニャグニャ、肝心のピアノの音を出そうと空手チョップまで
 出る始末・・・

 さて なにかいいものはないかと思っていたところ、かねてより私の愛読書でもあった『ピアノを弾くからだ』の
 キッズ編が発売されるとのことで、第一回目の講座を受講。
 眼からうろこ・・・状態で 黒河先生に教えていただいたことをもとに、今回のグループレッスンに至りました。

さあ、準備

 今回、時期的なこともあり、参加予定だった生徒さん二人から相次いで『インフルエンザにかかってしまい、残念
 ながら参加できません・・・』とのメール。

 でも、そのうちの一人は、熱も下がり食欲もOKでとても元気だとのこと。
 もう一人も、ママなら受けられる・・・とのことで、前日にSkypeソフトをダウンロードしてもらい、今日は
 それぞれのご自宅へレッスン室の様子を映像と音声を配信しました。

 たまたまカメラとマイクをお持ちだったMちゃんとは、話もしながら、あたかもレッスン室にいるかのような感じで
 レッスンをすることができました。

    

まずはお手玉で遊びましょう

 ピアノを弾くために指先の力は大切。
 握力をつけるために、まずはママ、パパとお手玉で遊びました。
 黒河先生によると、子どもは高い音域の曲や速い曲に反応するとのことだったので

     曲は ♪バッハのバディネリ♪を使いました。
          
         大きなお手玉 教室の備品です。

          
     なかなか上手につかめなくて、手は広げたまま〜になってました(汗)

しっかりと立ってみましょう

 足の内側の筋肉を意識してしっかり立つ・・・というテーマで立ってみました。
 そのあとお辞儀もできるかなぁ〜 フラフラしないでね〜
        
 

手首を回してみましょう

 ピアノを弾く時、手首を上手に使えたら、いい音も出せるし無駄な力が入ることもない。
 ってことで、ドアノブを回すように、まずは頭のところでキラキラ〜
 最近、ドアノブ・・って見なくなりましたね〜
 続いては 手首を固定して、手を左右に動かせるかなぁ〜

    

手の形を、紙粘土で作りましょう。

 指は付け根から動かす・・・
 理屈は分かっていても、これがとっても大変

 今回は 紙粘土で生徒さんの手の形を作り、これを使って今後のレッスンに生かそうと思っています。
      
     天使のねんど
    ハンズで売ってます。
    ちょっと高いですが軽くて使いやすいです。

     

 第3関節が一番高いところにあるようにフォームを作りました。
 粘土が余れば、こんな風に台を作れば手首が安定します。私の手は、一袋で片方の手しか作れなかったので
 余った粘土で台を作りましたが、生徒さんは一袋で両手を作ったので台はなしです。


指先を動かしてみましょう

 自分の身体なのに、特に指先は思い通りに動かない・・・。
 今回はテキスト通りに、
  1、指をつんつんつつく
  2、指で押し相撲
  3、指を回してみよう
 までやってみました。いやいや、一緒にやっていたパパママも悲鳴を上げていました(笑)

      
                   自宅から参加している
                  Mちゃんに見えるように
                  カメラのそばでやってるところです。
 

指で数えてみましょう

 最初は手を握って、一本ずつ指を開いてみましょう。
 4の指の時は 反対の手でお手伝いしてもいいですよ〜

        
      まずは1!!          次は2!! できるかなぁ?
 

顔を動かさないで、目だけを動かしましょう。


   

 楽譜を読むときに、目の動きはとても大切。
 頭を動かさないで、上から近づいてきたママの指 何本かわかるかな?
   

指をつけねから動かしてみましょう〜肘から腕を動かしてみましょう〜ピアノを弾いてみましょう

【指をつけねから動かしてみましょう】

 粘土がまだ乾いていなかったので、私の手形をちょっと使って、指のつけねを意識させました。
 さあ、指先が下を向いたまま、指を上げられますか?
 指先が上を向いたらダメですよ〜

    

 次に【肘から腕を動かしてみましょう】

  ピアノの奏法は
     腕を使う動き
     指を動かす動き
   の二通りです。

 まずは肘から動くように意識付けをして 3の指を使って机をトントン。 いい音が鳴りましたね〜

【ピアノを弾いてみましょう】

 3の指を使って、腕の重みで弾いてみましょう。
 3の指は腕の重みを載せやすいのです。


     
 Kちゃんは 恥ずかしがったのでできませんでした。
 あとでおうちでママとやってみてね(*^_^*)


       

最後に拍子のお勉強

 この前、生徒さんがステップを受けたときの講評で、『拍子感』の話が出ました。
 まだ、メトロノームに合わせて弾くのは先ですが、3拍子を叩いてみることにしました。
 メトロノームの音を聞くと3拍子ってわかるのに、たたいてもらうと無拍子に・・・笑

   


 今日の 参加者は元気な幼稚園児2名、あとインフルエンザの生徒さん2名

 自宅とレッスン室をSkypeでつないで映像と音声をネット配信しました。

 カメラとマイクが用意できなかった生徒さん宅にもレッスン室の映像と音声はばっちり届いているし
 カメラ&マイクを持っている生徒さんはお互いのやりとりもできるから最高でした!!!

  いやいや便利な世の中になりました。

  最後は 自宅にいるMちゃんも映像で一緒に記念撮影! 
    
       
                                この様子はブログにも載せてます。